ハワイにも花粉症はある?アレルギー体質ならマンゴーの花粉に注意!

ハワイのマンゴー花粉症

ハワイに滞在する際、アレルギー体質の方の中にはハワイにも花粉があるか気になる方もいるかもしれません。

実は、ハワイにおいては日本で多いスギ花粉やヒノキ花粉の心配はありませんが「マンゴー花粉症」があります。このマンゴー花粉症に悩まされているロコが多いんです。

今回の記事では、ハワイのマンゴー花粉症やそのほかに注意したいアレルギーについてお伝えします。

ハワイに滞在予定で何かしらのアレルギーを持っている方や、アレルギー体質の方はぜひチェックしてみてください!

CONTENTS

ハワイの花粉症やアレルギー事情

ハワイではアレルギーに悩まされている人が多い

ハワイは自然が豊かで空気がきれいなのは確かなのですが、実はアレルギーを引き起こす物質が多いというのをご存知ですか?

日本のようなスギやヒノキといった花粉はありませんが、特にマンゴーの花粉症に悩む人が多く、そのほかの草花の花粉や火山からのガスによってもアレルギー反応を引き起こしてしまうことがあります。

アレルギー症状から喘息を併発するケースも多く、ハワイ州における喘息の発症率は全米2位。0歳から17歳の子供のおおよそ10パーセントが喘息と診断されているとのことで、高確率であることがわかります。

ハワイの「マンゴー花粉症」

マンゴの果実

さて、日本人がスギやヒノキの花粉症に悩まされているように、ハワイでは多くの人が「マンゴー花粉症」に悩まされています。

それもそのはず。ワイキキではあまり見かけませんが、住宅街に入るとお庭などでマンゴーを育てている人がとても多いんです。

マンゴー花粉症の症状はスギやヒノキなどの日本の花粉症と同じく、くしゃみや鼻水のアレルギー症状。咳が出たり、目がかゆくなることもあります。

マンゴーの果実にもアレルギーがある

また、ウルシ科であるマンゴーは、果実や樹液でもアレルギーを引き起こしてしまうケースがあります。

マンゴーを食べたとき、唇や舌が腫れたり蕁麻疹が出たりした場合はマンゴーアレルギーの可能性大。

特にほかのフルーツでアレルギー反応を起こしたことのある方は、マンゴーを食べる際も注意するようにしましょう。

アレルギー体質の方は、事前に何のアレルギーがあるのかチェックテストを受けたり、かかりつけの病院で相談しておくと安心です。

マンゴー花粉のピーク

マンゴー花粉のピークは、マンゴーの花が咲く2月後半から4月ごろ

喘息や果物アレルギーを持っている人は、そうでない人に比べマンゴー花粉症を発症しやすいと言われているので注意が必要です。

マンゴー花粉の対策は

日本でスギやヒノキの花粉対策をするように、マンゴー花粉に対しても同じような対策をとることができます。

まずは、なるべくマンゴーの木に近づかないこと。ワイキキ周辺ではあまりマンゴーの木を見かけませんが、住宅街ではマンゴーの木を育てているお家も多いです。ご近所にマンゴーの木がある場合は気をつけましょう。

また、普段からアレルギー反応が強く出てしまう方は、常用しているアレルギーや花粉症のお薬を持参すると安心です。

アナフィラキシーショックなど、重篤なアレルギー反応を起こしたことがある方は、念の為マンゴー花粉のピーク時期2月〜4月は滞在を控えた方が良いかもしれません。

ハワイではほかのアレルギーにも注意

ハワイ・キラウエア火山

実はハワイには、マンゴー以外にも注意したいアレルギー源が。それは、火山から出るガス

ハワイでは「Volcano(ヴォルケーノ)」と「Smog(スモッグ)」を合わせた言葉で、「Vog(ヴォグ)」と呼ばれています。

ハワイ島にあるキラウエア火山など、活火山があるハワイでは、そこから出る二酸化炭素や亜硫酸ガスなどの火山性ガスが霧や灰と交じり合うことで大気汚染を引き起こすことも。

その物質はハワイ島はもちろん、風に乗ってオアフ島などほかの島々にも運ばれます。といってもオアフ島まで飛んでくることは多くないのでご安心を。

このヴォグは、くしゃみや鼻水、頭痛などのアレルギー症状の原因となり、ひどい場合は喘息や呼吸困難に陥ってしまうこともあるそう。

心臓や呼吸器系に疾患がある方、喘息の方は、特に注意するようにしましょう。

最近では、スマホアプリなどで簡単に空気の汚染度をチェックできます。気になる方は確認しておくと安心。空気がきれいでないときはマスクをするなどの対策も効果的です。

ハワイの空気クオリティ
Erika

筆者はスギ、ヒノキ、ブタクサなどの花粉症持ち。
毎年きちんと薬を飲まないとひどい鼻詰まりや目のかゆみに悩まされますが、ハワイでは幸いにもマンゴー花粉でアレルギー反応を起こすことはありませんでした!

ただ、ごくまれにアレルギー性の喉のかゆみや目のかゆみがあった時期があり、何かに反応していたよう。日本から持っていった抗アレルギーの薬(アレグラ)で対処しました。

まとめ

今回は、ハワイのマンゴー花粉症やそのほかに注意したいアレルギーについてお伝えしてきました。いかがでしたか?

ハワイではスギやヒノキなどの花粉の心配は無用ですが、マンゴーや火山ガスなどハワイならではのアレルギー源に注意する必要があります。

特に、アレルギー反応を起こしやすい体質の方は気をつけて対策しておくことをおすすめします!

Mahalo nui loa♡

  • URLをコピーしました!
CONTENTS