ハワイの医療・治療費は高額!海外旅行保険に入る必要があるか解説

ハワイの医療費は高い?

皆さんはハワイ旅行に行く際、医療・治療費などを確認していますか?

「自分は健康だしトラブルもないだろうから大丈夫」と気にしていない方も多いのではないでしょうか。

しかし、ハワイではアウトドアレジャーによる怪我に加え、犯罪率が日本と比べ高いことからトラブルに遭う確率が高くなります。

そして、アクシデントが起きた際の医療・治療費は高額。

この記事では、ハワイで起きやすいトラブルを確認しながら医療・治療費の目安をみていきます。また、海外旅行保険に入る必要があるかも解説。

これからハワイ旅行をするという方、現在計画中の方は必見です!

CONTENTS

ハワイで発生しやすい事故やトラブル

夜道

比較的治安が良いとされるハワイですが、日本と比べれば犯罪率は倍。

また、マリンスポーツを含む各種アウトドアアクティビティからくる疲れや体調不良、ケガなどの報告もあります。

どのような事故やトラブルが起こりやすいのか詳しくみていきましょう。

ひったくり

観光スポットのワイキキでもひったくりが多発。ブランドバッグを肩にかけている観光客は狙われやすいといわれます。

バイクに乗った人がすれ違いざまにバッグを奪ったり、背後から走ってきて奪い去るケースが増加。ニュースでは伝えられませんが、ワイキキで軽犯罪は日常茶飯事。

観光客減少の懸念からニュースで伝えられることはあまりありませんが、日本に比べたら事件の発生件数は倍以上にもなります。

アラワイ沿いやクヒオ通りの東側はよく危ないと言われ、Crime Mappingを確認するとどこのエリアで事件が多いかがわかります。事前にチェックしておくとよいでしょう。

ワイキキ周辺だけで、スリや盗難、暴行などの軽犯罪が1日10〜20件、多い日は30件以上になることも。

これまでそんなに気にしていなかったという方も、気を引き締める必要があるでしょう。

置き引き

特に多いのがビーチでの置き引き。

また、レストランやカフェに荷物を置いて場所取りをするのはとても危険です。

ハワイで荷物を盗まれたら戻ってくる可能性はほぼゼロでしょう。

恐喝・暴行

死角となるような場所に連れていかれ、金品目当てに恐喝されたり暴行されたりする事件も発生しています。

治安が悪いとされる通りを一人で歩くのは危険。特に夜は注意しましょう。

車上荒らし・盗難

車上荒らし・盗難は、ハワイでは発生頻度の高い犯罪。

スーパーの駐車場など人が見ているところでさえ、犯人は窓ガラスを割って物品を盗みます。車そのものが盗まれてしまうこともしばしば。

車に貴重品を置いて出かけないようにしましょう。

熱中症

熱中症にも注意。一日中ビーチにいたりハイキングに行ったりし、水分補給をきちんと取らないと熱中症になる可能性があります。

水の事故

海で溺れてしまったり、マリンスポーツで怪我をしたりする可能性があります。特に小さいお子様が海で溺れてしまう事故が多く報告されています。

このように、日本で過ごしているときと比べて事故やトラブルに巻き込まれる可能性が高くなります。数日間の旅行でも油断禁物。

ハワイの医療事情

病院

ハワイの医療水準は比較的高いといわれており、数々の観光スポットを持つオアフ島には大きな総合病院も多くあります。

日本語で受診ができる病院があったり日本の薬が買えるドラッグストアも多いので、他の海外の地域に比べると安心して過ごすことができるでしょう。

ハワイの医療費は高額

そんなハワイで気になるのが医療費・治療費。

全米の中でもハワイの医療費は高額だといわれています。

そんなハワイで治療を受けると、日本の健康保険が適用されないため日本で治療を受けるときの何倍もの費用がかかってしまいます。

病気・ケガの程度にもよりますが、過去の事例は以下の通り。

・治療や入院:数百万~数千万円
・盲腸:300万円前後
・急性心筋梗塞:1,000万~1,500万円

ハワイの医療費・治療費目安

救急車搬送費(公営)15,000円前後
外来初診料144,000~164,000円

【公立病院】1日当たりの部屋代(薬代、X線代、検査費は含まない)

個室約111,700円
セミ個室約101,000円
I.C.U./C.C.U.約353,600円

私立の場合はもう少し高くなります。

Erika

筆者の場合、高熱でクリニックの先生に診てもらうだけで約100ドル(約1万円)かかりました。
会社の保険で60%カバーされましたが、もし保険に加入していなかったらと思うと恐ろしいです。

また、夜間救急病院に行った際は約1,000ドル(約10万円)越え。
こちらも保険でカバーされて500ドル(約5万円)ほどになりましたが、それでも高額です(涙)

ハワイ旅行で海外旅行保険に入る必要がある?

保険の計算

上記のとおり、ハワイの医療費・治療費は高額であるため、万一に備えて海外旅行保険に加入すると安心

在ホノルル日本国総領事館などでも旅行前に海外旅行保険に加入しておくことを推奨しています。

海外旅行保険は医療費だけでなく、他人にケガを負わせたり盗難に遭ったりした場合にも補償が受けられるのが重要なポイント。「航空機寄託手荷物遅延」の補償も付いているので安心です。

ですが、海外旅行保険は高額

そのため、海外旅行保険と同程度の補償を受けられる海外旅行傷害保険が付帯のクレジットカードの方がおすすめと言えます。

海外旅行傷害保険が付帯のクレジットカードを用意することで、高額な海外旅行保険に加入しなくてもOK

ここからは、海外旅行傷害保険が付帯のおすすめクレジットカードを2つ紹介します。

どちらも補償内容がしっかりしているのに、入会金・年会費無料で非常にお得ですよ!

Erika

海外旅行傷害保険が付帯のクレジットカードは、有料のものがほとんど。
補償内容もしっかりしているのに入会金・年会費無料はすごい!

それでは、おすすめの2つのクレジットカードを見ていきましょう。

海外旅行保険付帯のクレジットカード①楽天カード

まずは、入会金・年会費無料で海外旅行傷害保険が利用付帯楽天カード

楽天カードは海外旅行保険が利用付帯のため、航空券代やツアー代金などを楽天カードで決済することによって保険が有効になります。

楽天カードがおすすめの理由は、入会金・年会費無料で海外旅行傷害保険が利用付帯することに加え、ワイキキとアラモアナのラウンジが無料で利用できお店の割引クーポンもゲットできるから。

それから、クレカブランドにJCBをつけるとさらにハワイ滞在がお得に。JCBをつけることで、ワイキキとアラモアナを結ぶピンクトロリーに無料で乗車が可能になります。

つまり、JCB付きの楽天カードは一石三鳥

もちろん海外旅行傷害保険の内容も以下の通り、通常の旅行保険に劣らない充実ぶり。

補償内容保険金額
傷害死亡・後遺障害最高額:2,000万円
傷害治療・疾病治療1事故・1疾病の限度額:200万円
賠償責任1事故の限度額:3,000万円
携行品損害年間限度額:20万円
救援者費用年間限度額:200万円
航空機遅延費用等
航空機寄託手荷物遅延等費用

今なら5000ポイントプレゼント!
\ 簡単5分で完了 /

楽天カードがハワイ旅行で非常に役立つ理由について、詳細はこちらの記事をチェックしてみてください

海外旅行保険付帯のクレジットカード②エポスカード

次は、同じく入会金・年会費無料で海外旅行傷害保険が利用付帯エポスカード。海外旅行者に大人気のクレジットカードです。

楽天カードと同じく海外旅行傷害保険は利用付帯なので、パッケージツアーの旅行代金や航空券代などの旅行代金をクレジッドカードで支払うことで適用になります。

エポスカードは、関東中心に全国で「マルイ」「モディ」を展開する丸井グループの(株)エポスカードが発行するクレジットカード。

マルイでよくお買い物する方はもちろんですが、マルイだけでなく全国約10,000店舗で優待が受けられるのが特徴です。

優待が受けられる店舗は、飲食店・レジャー施設・書籍・カーライフ・インテリア・習い事など非常に多いのがメリット。対象店舗や優待内容はエポトクプラザで確認してみてくださいね。

そんなメリットがたくさんあるエポスカードの海外旅行傷害保険は、以下の表の通り。盗難や荷物の破損など旅行中に起こりやすいとされるトラブルにもきちんと対応しており安心です。

補償内容保険金額
傷害死亡・傷害後遺障害最高額:500万円
傷害治療費用1事故の限度額:200万円
疾病治療費用1疾病の限度額:270万円
賠償責任(免責なし)1事故の限度額:2,000万円
救援者費用1旅行・保険期間中の限度額:100万円
携行品損害(免責3,000円)1旅行・保険期間中の限度額:20万円
航空機遅延費用等
航空機寄託手荷物遅延等費用

今なら2000ポイントプレゼント!

\ 入会金・年会費永年無料 /

まとめ

ハワイでは、事故やトラブルに巻き込まれる可能性が高く医療費・治療費が高額ということがわかりましたね。

そこまで心配する必要はありませんが、万が一の備えがあると心強いでしょう。

ハワイ旅行の際は、海外旅行保険に入るか海外旅行傷害保険付帯のクレジットカードを持っていくなどして備えておけば、安心してさらに旅を楽しめること間違いなし。

お得&安心のハワイ旅行ツアー

\ 旅行会社のプランをチェック /

スクロールできます
JAL PAKロゴJTBロゴ(赤)HISロゴ
・JALマイルがたくさん貯まる
・安心&丁寧な対応
・お得なプランが多くコスパが高い
・手厚いサービスを受けられる
・お値段以上の特典が盛りだくさん
・お手頃価格のプランが多数
・必要なサービスがしっかり受けられる
プランを探す 》 プランを探す 》プランを探す 》
  • URLをコピーしました!
CONTENTS