ハワイ旅行会社比較|おすすめは?JALパック・JTB・HIS【2024年最新】

ハワイ旅行会社おすすめは?

皆さんはハワイ旅行の際、旅行会社のツアーを利用したことがありますか?

今回の記事では、ハワイに強いと言われる次の3つの旅行会社、JALパック、JTB、HISでどれがおすすめか徹底比較してみました。

後半には、旅行会社のパッケージツアーをおすすめする理由もメリットを説明しながらご紹介!

パンデミックが終わりハワイ旅行が解禁となった2023年に引き続き、2024年もJALパック、JTB、HISは多様なお得なプランを提供中!さらにセールも頻繁に開催しているので、このチャンスを絶対に逃さないようにしましょう!

Hanacha

ハワイ暮らし2年。
現在はハワイと日本を行き来している筆者が、わかりやすくお伝えします。

現在ハワイ旅行を計画中で、「旅行会社を利用したいけどどれが良いのかわからない」「おすすめの旅行会社を教えてほしい」「各社の違いを知りたい」「旅行会社のツアーか個人旅行か迷っている」という方にぜひ読んでほしい内容です。

CONTENTS

ハワイにおすすめの旅行会社ランキング

最初に結論ですが、おすすめの旅行会社は上から順にJALパック、JTB、HISという結果に。

順位旅行会社価格サポート特典
1JALパック
2JTB
3HIS

1位★★★

JAL PAKロゴ

JALパック
・JALマイルがたくさん貯まる
・お得なプランが多くコスパが高い
・安心&丁寧な対応

2位★★

JTBロゴ(赤)

JTB
・手厚いサービスを受けられる
・お値段以上の特典が盛りだくさん

3位

HISロゴ

HIS
・お手頃価格のプランが多数
・必要なサービスがしっかり受けられる

Hanacha

JALパックは安心サポートに加えマイルが貯まるのが最大の魅力!また、最近では割引セールを頻繁に開催しています。価格はJTBとHISの中間で、一番コスパが良くバランスが取れていると言えます。

JTBとHISを利用したことがありますが、ゆったりできてちょっと贅沢な気分を味わえるのがJTB。格安で若者に人気なのがHIS。

ここからは各旅行会社の特徴を詳しくみていきましょう。

ハワイ旅行会社おすすめ①JALパック

JALパックハワイWEBサイトページ
出典:JAL
》JALパックでハワイツアーを探す


価格サポート特典
JALパック
特徴
  • JAL確約便で日本語も通じてサポートが充実
  • レインボートロリー、HiBusがある
  • フライトとツアーのダブルでJALマイルが貯まる
  • 現地デスク
    JALPAKアロハステーション(ワイキキに20ヶ所以上)
  • 利用航空会社
    JAL(ハワイアン航空共同運行便の場合もあり)
  • 専用バス・トロリー
名称主な路線と行けるエリア
レインボートロリーアラモアナ、ダイヤモンドヘッド、カイムキ・カハラ、 ウエスト・オアフ(一部期間)
レインボースカイアラモアナ、KCC、ダウンタウン、イルミネーション(12月の一部期間)


JALパックはその名の通りJALグループの旅行会社のため、対応の丁寧さに定評があります。サポートも手厚く安心。今回紹介する3つの旅行会社の中で最もコストパフォーマンスが高く、バランスが良いと言えます。

次に紹介するJTBとHISのいいとこ取りをした感じ。海外旅行の顧客満足度ランキングでは常に1〜2位を獲得しており、不動の人気ぶりが伺えます。

JALパックがおすすめの理由

確実にJAL便に乗ることができるので、日本人のきめ細やかなサービスを受けられます。そのため海外旅行に慣れていなくても大丈夫。現地でのサポートも充実しており、出発から帰国までずっと安心です。

そして、JALカードかJALマイレージバンクカード(JMBカード)を作ると、フライトマイルとツアーマイルのダブルで貯めることが可能。

よくハワイに行くという方は片道分のマイルがすぐに貯まるのではないでしょうか?貯まったマイルは、ハワイに限らず国内外の旅行などに利用できます。

》 マイレージ&JALカードについてはこちら


JALパックは、ハワイ旅行が初めての方出発から帰国まで安心のサポートを受けながら旅行を楽しみたい方JALマイルを貯めたい方に非常におすすめです。

ハワイ旅行解禁の2023年は、数万円割引になるセールを頻繁に開催!必ずチェックしておきましょう。

ハワイフェア実施中!お得なプランが満載!

\ 今すぐチェック /


ハワイ旅行会社おすすめ②LOOK JTB ハワイ

JTBハワイ特集WEBサイトページ
出典:JTB
》JTBでハワイツアーを探す


価格サポート特典
JTB
特徴
  • 往復とも便選択可 / 並び席確約 / 専用バス・トロリーあり
  • スタンダードよりもワンランク上のホテルを扱う
  • 現地デスク
    オリオリステーション / JTBツアーデスク
  • 利用航空会社
    大手エアライン各社
  • 専用バス・トロリー
名称主な路線と行けるエリア
オリオリウォーカー/トロリーアラモアナ、ワード/ダウンタウン、カハラ、ダイヤモンドヘッド、KCCなど
オリオリスニーカーダイヤモンドヘッド周遊コース、歴史探訪コース
オリオリシャトルハレイワ、カイルア、ワイケレ


JTBは誰もが知る大手旅行会社。

ハワイに力を入れているので、日本語のツアーデスクがワイキキに何箇所もあったりJTB専用トロリーがあったりとサポートが非常に充実しているのが特徴です。

年配の方や小さなお子様連れのご家族は、サポート体制が整いゆったりと旅行を楽しめるJTBがベスト。JTBと連携しているレストランでは、割引料金も適用になります。

JTBがおすすめの理由

3つの中では最も価格が高くなりますが、ほかの旅行会社ではないような特典が盛りだくさんなのでお値段以上の価値あり!

例えば、ワイキキにある高級ホテルに「ルアナラウンジ」というJTB利用者が追加料金なしで利用できる専用ラウンジを所有しています。JTBでルアナラウンジのあるホテルに滞在すれば、いつでも無料で軽食やドリンクをいただくことが可能。

》 ルアナラウンジについてはこちら

JTBは、海外旅行に慣れていない方家族連れでゆったり滞在を楽しみたい方現地で特典を受けたい方などにおすすめです。

JTBツアーの中でも、店頭で扱っていないWeb限定商品は、特典やサポートはそのままで通常より割安になっているのが特徴。早割商品などの通常よりお得なプランもあるのでぜひチェックしてみてください。

特典がついて割安!
\ お得なプランを今すぐチェック /


ハワイ旅行会社おすすめ③HIS ハワイ

HISハワイツアーWEBサイトページ
出典:HIS
》HISで探す


価格サポート特典
HIS
特徴
  • レアレアのサービスが充実
    →専用トロリー、ワイキキでWi-Fi利用可、24時間日本語サポートなど
  • 比較的リーズナブルなプランが多い
  • 現地デスク
    ツアーデスク / レアレアラウンジ / 支店
  • 利用航空会社
    大手エアライン各社、エアアジアX(LCC)
  • 専用バス・トロリー
名称主な路線と行けるエリア
レアレアトロリーアラモアナ/ドンキ、ダイヤモンドヘッド/カハラモール、ダウンタウン
イースト・コースト、ワイケレ・モアナルア、KCC(土曜日の午前中のみ)


HISは、JALパックやJTBよりもリーズナブルなプランが多いことで人気。他社に比べて安い価格帯のツアーを多く販売しています。

しかし、だからと言ってサポートが手薄というわけではありません。ワイキキに現地デスクがきちんとありますし、専用トロリーの停留所数はNo.1!ハワイ滞在に必要なサービスがしっかり揃っています。

HISがおすすめの理由

HIS最大の魅力は、やはりツアーの価格が安いこと!JALパックやJTBのツアーを比べると、同じような内容のツアーで平均約1〜2万円の価格差があるんです。

費用を抑えて旅行を楽しみたい方や、海外慣れしていて必要最低限のサポートで十分という方にはHISがおすすめ。

季節毎のセールやイベントセールも開催しているので必見です!

どこよりも安い!
\ お得なプランを今すぐチェック /


Hanacha

ここからは、ハワイ旅行に旅行会社のツアーを利用するメリットをお伝えしていきます。
ツアーにしようか悩んでいる方はぜひチェックしてみてください!

ハワイ旅行に旅行会社のツアーを利用するメリット

ハワイ空港

ツアー旅行の場合、 旅行の手配から日本の空港での手続き、現地空港でのお出迎え、空港からホテルまでの送迎などすべてがセットになっています。

心にゆとりを持って、旅行に集中できるのが最大のメリット。そして、特典が盛り沢山でお得なプランが多いのが最大の特徴!

個人手配の場合、何かあったら全て自分一人で対応しなければなりません。現地でトラブルがあったら英語で対処しなくてはならず、非常に厄介。

ツアーなら、ツアーデスクのサポートが付いているので安心です。トラブルが起きたら現地のサポートデスクに相談できます。

また、ツアーだと時間や行動が制限されるのでは?と思っている方もいるかもしれませんが、全くそんなことはありません。全て自由時間&お好みでアクティビティをアレンジするプランが多数あります!

それでは、ここからはメリットを詳しくみていきましょう。

ハワイを満喫できるお得なツアーが多い

ハワイの海でシュノーケリング

ハワイは人気の観光地なので、各社とも競い合うようにパッケージツアーの種類をたくさん用意しています

そして近年は、各社ともツアープランにオリジナル要素を入れて工夫したりトロリーの路線を増やしたりと、競争がさらに激化。

ということはもちろん価格競争になるため、各社お得なプランが満載なんです

また、飛行機の座席などはエアラインと旅行会社が提携していることがほとんど。個人手配よりもツアーを利用した方が安い価格で利用できてお得です。

ツアーなら手配がかんたんでハワイ滞在が楽

旅行準備

ツアーの場合は、航空券とホテルまたはコンドミニアムがパックになっているので手配が1回で済みます。

個人手配の場合は、航空券とホテルを別々に予約したり、キャンセルや予定の変更があった場合も、別々に対応しなければいけなくなるので非常に面倒。

ツアーは全てがひとつにまとまっているため一括で手続きができて楽ちんです。

ツアーによっては、マイルを貯めている航空会社やお気に入りのホテルを組み合わせることも可能。

ハワイツアーならホノルル空港からの送迎がある

送迎バス

ホノルル空港からワイキキまで行くのはけっこう大変ですよ。

ワイキキに直通の電車はまだなく、治安の悪い市バスに乗るのはもってのほか。タクシーを使うと50ドル(6,000円)以上かかってしまいます。

ツアーなら、 アラモアナセンターやワイキキまでバスの送迎付き。 長時間のフライトで疲れているときは、送迎付きだと精神的にも体力的にも助かります。

ハワイツアーに付いている専用トロリー&バスが充実

ハワイのトロリー

ジャルパックのレインボー・トロリーやHiBus、JTBのオリオリ、HISのレアレアなど旅行会社の専用トロリーバスは無料で利用可能

路線もどんどん拡充し、これまではレンタカーや路線バスでしか行けなかったエリアにも専用トロリー/バスで簡単に行けるようになりました。

レンタカーは高く、市バスは遅くて治安が悪い。交通手段に困るハワイにおいてこのようなサービスはものすごく便利です。トロリーバスは旅行を何倍も楽しむ鍵と言えますね。

ハワイ離島へはオプショナルツアーで日帰りも可能

ハワイ・カウアイ島

オアフ島からマウイ島、カウアイ島、ハワイ島、ラナイ島、モロカイ島への小旅行ならオプショナルツアーを追加して行くことが可能

日帰りプランも用意されています。

離島の空港に着いてからの送迎、離島でのバスツアー、食事が全てセットになったプランも多く手配が簡単。

個人で離島に行くと、レンタカーやホテルの手配など何から何まで自分で予約しなければならず、基本的に英語で対応することになるので英語が苦手だとかなり面倒です。

そのため、旅行会社のオプショナルツアーがベスト。

ハワイツアー用の現地サポートデスクがある

サポートデスク

JALパックやJTB、HISなどの大手の旅行会社の場合、現地でのトラブルや困りごとを相談できるサポートデスクがあります。日本語で相談できるので安心。

怪我や病気になった際も、病院の相談ができますよ。

もちろん、現地でのオプショナルツアー追加の相談もでき、ハワイ旅行を安心して楽しむのに大いに役立ちます。

ハワイ旅行に旅行会社のツアーを利用するデメリット

デメリット

パッケージツアーにはメリットがたくさんあることがわかりましたが、デメリットはあるのでしょうか?

▶︎以下に挙げるような多少のデメリットはありますが、実際は気にするほどではありません。

航空券の指定ができない

パッケージツアーの場合、航空会社や搭乗する便、時間の指定ができないことがほとんど。

ツアーを購入する際、旅程表には「【17:00-23:00】羽田発」などと書いてあり、出発1~2週間前にならないと何時発のどの便に乗るのかわかりません。

一方、JALパック利用すればJAL確約便になります。JALマイルを貯めていてJALを利用したい方、一流のサービスを受けたいからJALが良いという方はJALパック一択です。

◼︎JALパック◼︎
ハワイフェア実施中!お得なプランが満載!

\ 今すぐチェック /

ホテルの指定ができない場合がある

「〇〇〇ホテル〇泊」など具体的なホテル名が出ているプランでない限り、ホテルのグレード(ラグシュアリー、スタンダードなど)のみしか決まっていないツアーもあります。

グレードのみ選べるツアーの場合、特定のホテルを指定することはできず直前までどのホテルに宿泊するかわかりません。

現地説明会がある場合は少し面倒

パッケージツアーの場合、ハワイ到着後に旅行会社のラウンジで簡単な説明会が開催される場合があります。

滞在中の注意事項や今後の日程、帰国日の集合場所などの案内がされるので、初めての方には役立ちます。

一方で、ハワイ旅行リピーターにとっては少しの時間も「面倒くさい」「時間がもったいない」と感じることがあるかもしれません。

マイルが加算されない場合がある

ツアーでは格安クラスの航空券が利用される場合があり、各社のフライトマイルが加算されないことがあります。

マイルを貯めている方は、旅行会社や各航空会社窓口に確認するとよいでしょう。

マイルを貯めていない方にはデメリットにはなりません。

ハワイ旅行に旅行会社のツアーがおすすめなのはこんな方

ワイキキビーチの眺め

メリット&デメリットを考えると、ハワイ旅行に旅行会社のツアーがおすすめなのはこんな方と言えます。

  • ハワイ旅行が初めての方
  • 初めてではないがあまり慣れていない方
  • コスパ重視の方
  • 自分で手配するのが面倒な方
  • 英語があまり得意でない方
Hanacha

ハワイに行き慣れていない方や、日本語で簡単に手配をしたい方、特典を利用してお得に滞在したいならツアー利用一択!

楽しい旅行中に、現地でのトラブルの対処したり面倒なことになるのは絶対に避けたいですよね。

今回紹介した3社は、ハワイ旅行解禁に伴い割引ツアーやセールを頻繁に開催しているので、気になった時に必ずチェックしておきましょう。

特にコスパが最も良いJALパックでは、お得なセールが頻繁に開催されているので必見です!

◼︎JALパック◼︎
ハワイフェア実施中!お得なプランが満載!

\ 今すぐチェック /

まとめ

今回の記事では、JALパック・JTB・HISを比較しながら、旅行会社のパッケージツアーをおすすめする理由をお伝えしてきましたがいかがでしたか?

それぞれの旅行会社の特徴やお値段を見ながら、ぜひあなたの理想のプランを探してみてくださいね!期間限定のお得なセールもお見逃しなく★

順位旅行会社価格サポート特典
1JALパック
2JTB
3HIS

1位★★★

JAL PAKロゴ

JALパック
・JALマイルがたくさん貯まる
・お得なプランが多くコスパが高い
・安心&丁寧な対応

2位★★

JTBロゴ(赤)

JTB
・手厚いサービスを受けられる
・お値段以上の特典が盛りだくさん

3位

HISロゴ

HIS
・お手頃価格のプランが多数
・必要なサービスがしっかり受けられる


  • URLをコピーしました!
CONTENTS