ハワイアンジュエリーの歴史&ジュエリーに刻む人気のハワイ語を紹介

ハワイアンジュエリー・リング

ハワイ好きなら、ハワイアンジュエリーを必ずひとつは持っていたいもの。

プルメリアや波などハワイを象徴する模様が彫られた美しいハワイアンジュエリーは、ロコだけでなく観光で訪れた人々からも愛され続けています。

この記事を読んでいる方の中には「ハワイアンジュエリーって言うけど、具体的にはどんなジュエリーをハワイアンジュエリーって言うの?」と疑問に思っている方もいるでしょう。

そんなわけで、今回の記事ではハワイアンジュエリーについて歴史をおさらいするとともに、その特徴や彫刻におすすめのハワイ語までご紹介します。

ハワイアンジュエリーについて詳しく知りたい方、ハワイアンジュエリーに刻む素敵なハワイ語を探している方はぜひチェックしてみてください!

◼︎JALパック◼︎
ハワイフェア実施中!お得なプランが満載!

\ 今すぐチェック /

CONTENTS

ハワイアンジュエリーの歴史

ハワイアンジュエリーは、英語では「Hawaiian jewelry」または「Hawaiian heirloom jewelry」と呼ばれます。
「Hawaiian heirloom jewelry」は直訳すると、「ハワイの先祖伝来のジュエリー」。

つまり、ハワイの伝統的なジュエリーであるということ。親から子へ代々伝わる宝物として、ハワイの人々から愛され続けてきました。


今では、ピアス、ネックレス、ブレスレット、リングなどさまざまな種類に展開されているハワイアンジュエリーですが、元々のはじまりはハワイアンブレスレットだったそう。そして、そのハワイアンブレスレットはイギリス王室に由来します。

1861年に夫であるアルバート公に先立たれたビクトリア女王は、その後1901年に81歳で亡くなるまで喪服を着用していましたが、喪服に似合う黒いジュエリーだけを身に着けていたんだとか。このことは、イギリス上流社会における黒いジュエリー流行のきっかけにもなりました。

イギリス王室と深い親交があったハワイ王朝最後の君主、リリウオカラニ女王(Lili’uokalani)は、そうしたビクトリア女王の気持ちに寄り添うため、金(ゴールド)に黒の模様を入れ、「Hoomanao Mao(永遠の思い出)」という言葉を彫らせたブレスレットを愛用します。

このブレスレットこそが、一番最初のハワイアンジュエリー。イギリス王朝とリリウオカラニ女王の深い親交から生まれ、イギリス文化とハワイ文化が融合した歴史あるジュエリーなんですね。

その後リリウオカラニ女王は、イオラニ宮殿で催した舞踏会を手伝ってくれた女性へのお礼として、「Aloha Oe(アロハオエ)」の文字が入ったブレスレットをプレゼント。

女学校で先生をしていた彼女の腕のブレスレットは、多くの女学生の目に留まりました。そこから、若い女性を中心に流行がハワイ中に広まっていったと言われています。

それ以来ずっと、ハワイ語が刻まれたハワイアンブレスレットは、ローカル女性にとって定番ジュエリーに。


やがて、ブレスレットだけでなくネックレスやピアス、リングにもハワイをモチーフとした模様が彫刻されるようなり、さまざまな種類が誕生しました。

1980年代まで、ハワイアンジュエリーに彫刻される模様といえば、プルメリアやマイレなど、ハワイらしいフラワーやリーフなどが大半でしたが、現在ではバンブー(竹)、フェザー(羽)、ヤシの木、ハワイアンキルト、ドルフィン、ホヌ(ウミガメ)、フラガールなど、ハワイにまつわる多種多様なデザインが登場。

文字の刻印も、以前はブラックのみだったエナメルを、ブルーやピンクなど他の色にも展開し、好きな色を選べるようになりました。

ハワイアンジュエリーのお店に行けば、金属の種類(ゴールド・シルバー・ピンゴールドなど)から彫刻の色、刻む言葉などカスタムで自分好みに選ぶことが可能。

※ハワイアンジュエリーには変形や傷に強い14kの金が使われることが一般的で、彫刻の美しさを際立たせるのにも14kが最適であると言われています。

世界にひとつだけのハワイアンジュエリーは、ロコの女性のみならず、世界中から観光で訪れた人々にも根強い人気を誇っています。

ハワイアンジュエリーに刻むのにおすすめのハワイ語


ここからは、そんなハワイアンジュエリーに刻むのにおすすめのハワイ語をご紹介していきます。

まず最初は定番の「ALOHA(アロハ)」。ALOHAには「愛情、平和、思いやり、慈悲」などの意味がありますが、アルファベットそれぞれにも各意味が隠されているのをご存知ですか?

A:Akahai(アハカイ)… 優しさ
L:Lokahi(ロカヒ)… 団結
O:Olu’olu(オルオル)… 心地よさ
H:Ha’aha’a(ハアハア)… 謙虚さ
A:Ahonui(アホヌイ)… 忍耐

ハワイの人々はこの「ALOHA」を非常に大切にしています。「アロハ・スピリット」(アロハ精神)という言葉もあるくらい。

「ALOHA」だけでも特別ですが、アレンジを加えたい場合は「ALOHA」を用いたハワイ語のメッセージもおすすめです。

  • Ke aloha (愛しい人)
  • Ke aloha mauloa (永遠の愛)
  • Me ke aloha (愛を込めて)
  • Me ke aloha pau’ole (永遠の愛を込めて)
  • Pili aloha (愛し合っている夫婦)
  • Aloha au i’a oe (愛している)
  • Lei aloha (愛する子供)
  • Aloha nui loa (たくさんの愛を込めて)
  • Nau ko’u aloha (私の全てをあなたに)
  • Hoaloha (大切な仲間)

次は、美しい意味を持つ、彫刻に人気のハワイ語です。

  • Mauloa (永遠)
  • Kaupili (無償の愛)
  • Mahalo (感謝、ありがとう)
  • Kuuipo (恋人※女性に対して)
  • Ipolani (愛する人、最愛の恋人)
  • Makana (贈り物)
  • Ke aloha (愛しい人)
  • Kahiwa (大好きな人)
  • Manawalea (寛大な心)
  • Ku’ u lei (最愛の人)
  • Mana (奇跡)
  • Ohana (家族)
  • Malulani (神に守られた)
  • Pilina (絆)
  • Pau’ole (終わりのない)
  • Lino (光る、輝く、まぶしい)
  • Kai (海)
  • Ola (命、健康)
  • Lanakila (勝利)
  • Holomua (成功)
  • Hanohano (栄光)
  • Hoomaikai (おめでとう)
  • Hau Olihanau (お誕生日おめでとう)
  • Pumehana (思いやり、あたたかい心)
  • Kanaloa (水・海の神)
  • Pele (火の神)
  • Lahoomanao (記念日)
  • Anela (天使)
  • Leilani (かわいい子供)
  • Pomaika’i (幸福、恵み、祝福)
  • Hau’oli (幸せ、楽しい、嬉しい)
  • Nau wale no (あなただけに)
  • No na kau a kau (今も、これからも、永遠に)
  • Hoomanao mau (永遠の思い出)

まとめ

今回は、ハワイアンジュエリーについて歴史をおさらいするとともに、その特徴や彫刻におすすめのハワイ語を紹介してきました。

知れば知るほど、ますます一生もののハワイアンジュエリーがほしくなってしまったのではないでしょうか?

購入する際はぜひカスタムメイドにし、お気に入りのハワイ語を刻んでみてくださいね。

Mahalo nui loa♡

お得&安心のハワイ旅行ツアー

\ 旅行会社のプランをチェック /

スクロールできます
JAL PAKロゴJTBロゴ(赤)HISロゴ
・JALマイルがたくさん貯まる
・安心&丁寧な対応
・お得なプランが多くコスパが高い
・手厚いサービスを受けられる
・お値段以上の特典が盛りだくさん
・お手頃価格のプランが多数
・必要なサービスがしっかり受けられる
プランを探す 》 プランを探す 》プランを探す 》
  • URLをコピーしました!
CONTENTS