英語が伸びない原因はコレ!伸び悩み解消法を紹介【海外留学・移住予定の方必見】

英語の伸び悩み
  • URLをコピーしました!


英語学習を頑張っているのになかなか上達しない」と伸び悩みを感じることはありませんか?

実はこの伸び悩み、英語学習者なら誰しもが経験することなのです。

しかし、そうとは知らず英語学習を諦めてしまう人も少なくありません。

この伸び悩みの時期を乗り越えると「ブレイクスルー」とよばれる大きな伸びが待っているので、ここで辞めてしまうのは大変もったいない!

英語力の上達には、学習を継続しながら伸び悩みの原因や解消する方法を知ることが重要です。

今回の記事では、英語が伸びない原因とその解消方法をご紹介。

PROGRIT(プログリット)の裏技的な使い方も教えます★

「なかなか今の状況から抜け出せない」と悩んでいる方は、当てはまる原因がないか、そして解消法をチェックしながら読んでみてください!

Erika

TESOL取得の現役英会話講師が解説◎

CONTENTS

英語が伸びない原因

悩み

英語が伸びない原因には、主に次の6つがあります。

  1. 毎日継続できていない
  2. アウトプットが不十分
  3. 目標設定ができていない
  4. 短期間で成果を上げようとしている
  5. 英語脳ができていない
  6. ネイティブ英語にこだわりすぎている

それぞれの理由について詳しくみていきましょう。

原因①
毎日継続できていない

カレンダー

英語力をアップさせるには、毎日継続してコツコツ学習することが必要不可欠。どんな天才であったとしても、この「継続」なしに英語が上達することはありません。

もし「継続しているのに伸びない」というのなら、その「継続」は英語力の向上に必要な継続になっていない可能性が。

英語力の向上に効果がある「継続」は「毎日」。

週1回スクールでのレッスンや週2〜3回のオンラインレッスンなどは、長期的には確実に成果を出してくれますが、「伸び悩み」の時期が長くなりがち

レッスンがない日も自主的に英語に触れる時間を確保し、毎日なにかしら英語を使うことがポイントです。

伸び悩んでいる方は、英語に毎日触れているか振り返ってみてください。

もしできていなかった場合、レッスンのない日も英語に触れられるように無理のない範囲でできることを探してみましょう。

海外ドラマや映画を見たり英語のニュース記事を読んだりと、負担にならない程度のものでOK。

原因②
アウトプットが不十分

会話

英語力を確実に向上させるには、英単語や文法などの知識を取り入れるインプットと、取り入れた知識を定着させ使えるようにするアウトプットのバランスが重要。

独学で英語学習をする場合、英語を話す相手がいないためどうしてもインプットばかりになってしまい、アウトプットが不十分な可能性が。

英単語や文法の知識を増やすと「勉強した」という感覚になりますが、それだけでは実際に英語を「使える」ようにはなりません。

英語を使えるようにするには、取り入れた知識を定着させ自分のものにするためのアウトプットが必要不可欠。

伸び悩んでいる方は、インプットに対してアウトプットが十分できているか確認してみましょう。もしインプットばかりに偏っていたら、アウトプットの機会を増やす必要があります。

アウトプットには、気軽に毎日続けれられるオンライン英会話がおすすめです。

原因③
目標設定ができていない

目標

英語力アップには、自分のレベルにあった適切な目標設定も重要。

適切な目標設定をすることで、どのような英語学習法を実践していけば良いのかが明確になります。

「適切な」というのは、例えば、初心者の方がいきなり「英検1級合格」というのはレベルが高すぎて途中で挫折する原因になってしまいます。

そのため、自分のレベルにあった目標を立てて、クリアしたら徐々にレベルを上げていく方が効果的。

また逆に、目標設定がないと手当たり次第勉強することになり非効率です。「TOEICで700点を取る」「字幕なしで映画を理解できるようにする」など、具体的な目標設定をすると良いでしょう。

伸び悩んでいる方は、自分の目標は何なのか今一度確認してみてください。そして、その目標が自分のレベルにあっているかチェックしましょう。

もしレベルが高すぎる目標を立ててなかなか達成できないと落ち込んでいるのなら、少しレベルを下げ、小さな成功体験をたくさん積むようにするのが効果的。

原因④
短期間で成果を上げようとしている

マラソン

最初にお伝えした通り、英語力アップには毎日の継続が必要不可欠。

1日に何時間も勉強したとしても、すぐに伸びるというものではありません。最低でも3ヶ月は継続してみましょう。

英語学習はマラソンと同じ。すぐに効果が出ないからと途中で諦めず、長期的な視点で継続することが大切です。

原因⑤
英語脳ができていない

英語脳

最後に考えられる原因は、「英語脳」ができていないこと。

多くの人がやりがちなのが、頭の中で逐一英語から日本語に訳して理解しようとすること。これではなかなか伸びません!

ポイントは「英語を英語のまま理解する」こと。

英語を聞いたら日本語訳するのではなく、その情景をイメージするようにします

例えば、”He walks his dog.” という文章を聞いたとしたら「彼は犬を散歩させる」と日本語訳を覚えるのでなく、頭の中で男性が犬を散歩させている情景をイメージします。

文章が長く、そして複雑になればなるほど逐一日本語に訳して理解するのには限界があります。英語を聞いたらその情景をイメージするようにして英語脳を鍛えていきましょう

原因⑥
ネイティブ英語にこだわりすぎている

グッド

誰もがネイティブのような発音に憧れますし、もちろんネイティブのように話せたらよりスムーズに会話ができることは間違いありません。

しかし、「ネイティブのように話せないといけない」という思いが強すぎると、それがメンタルブロックになり英語の伸び悩みを引き起こします。

英語圏で生活している人の中には、英語が第二言語の人がたくさんいて、全員がネイティブ英語を話しているわけではありません。それでもコミュニケーションがしっかり取れています。

大事なのは、まずは口から英語が出るようになること。ネイティブの発音にばかり気を取られて、発言ができなくなってしまうのでは意味がありません。

とにかく、英語を口から出す練習をしていきましょう!

英語の伸び悩みを解消する方法

学習

英語が伸びない原因が分かったら、これから紹介する方法を試してみてください。

英語の伸び悩みを解消する方法は次の3つ。

  1. 小さな目標を設定する
  2. 英語の「音」を意識する
  3. 英語の上達が分かる機会を作る

解消法①
小さな目標を設定する

目標

途中で挫折せずに英語学習を継続するために、小さな目標を設定してみましょう。

自分のレベルにあった無理なく達成できるレベルの目標を立てるのがポイント。

例えば、「TOEICで50点スコアアップ」「1週間で英単語を30個覚える」「毎日オンラインレッスンを受ける」「1か月で参考書の〇〇ページまで読む」などでOK。

決して達成が難しい目標を立てないようにしてください。

小さな目標を一つずつクリアしていくことで、自分の自信になりますしモチベーションの維持にも繋がります。そして英語力が着実についていることを実感するでしょう。

解消法②
英語の「音」と向き合う

リスニング

リスニングやスピーキングが伸びないという場合、英語の「」を聞き取れていない可能性があります。

どんなに英文法や英単語の知識をつけても、英語の音を理解していなければ、相手が何を言っているのか正しく聞き取ることはできません。そして、聞き取ることのできない音を発音することは不可能なので、スピーキングもできないということに。

そんな方はまず、英語をたくさん聞いて、聞いた音を繰り返し発音する練習が効果的です。

おすすめは、海外ドラマを見ること。

「リスニング用のCDだと全然頭に入ってこない」というときは、楽しみながら英語学習ができる海外ドラマをぜひ試してみてください。

海外ドラマを活用した勉強法はこちら↓

英語の音に慣れることで、以前より英語が頭に入ってくるようになり、何と言っているのか理解できるようになるはずです。

また、ネイティブが話す英語をたくさん聞くことで、ネイティブの発音やイントネーションの感覚が掴めるようになるでしょう。

解消法③
英語の上達が実感できる機会を作る

上達

いくら英語学習を継続して頑張っていたとしても、どれだけ上達したか実感がないと意味がありませんよね。

自分の英語力がどれだけ向上しているのか、その成果が分かる機会を積極的に持つようにしましょう。

モチベーション維持や自分のレベル把握と勉強方法の軌道修正にもつながります。

英語の上達を実感するための方法は次の3つがあります。

  1. 英語で誰かと会話する
  2. 英語の資格試験を受ける
  3. 過去の成果と比べる

英語で誰かと会話する

英語で誰かと会話するのが手っ取り早い方法です。

相手は、英語ができる日本人の友人などでもいいですが、一番はネイティブ話者がおすすめ。

英語で会話をしてみて以前よりスムーズになった、自分の言ったことを理解してくれている、と感じるのであればそれは上達した証拠。

英語力が伸びないことを相談し、自分の話す英語を評価してもらうのも良いでしょう。アドバイスを受けることで、今まで自分では気付かなかった弱点や改善点などを知ることができます。

周りに英語を話せる友人がいないという場合は、オンライン英会話を利用することをおすすめします。こちら↓の記事で紹介している4社は比較的リーズナブルで満足度も高いサービス。

無料お試しレッスンもあるので、会員にはなりたくないけど自分の英語力を把握したいという方はぜひチェックしてみてください!

英語の資格試験を受ける

TOEICやTOEFL、英検などの資格試験を受けると、スコアや合否という形で客観的に自分の英語レベルが把握できます。

定期的に受験しスコアの推移を確認することで上達度合いが分かり、新たな目標設定や適切な学習方法を取り入れやすくなります。

過去の成果と比べる

継続的に学習をしていると、自分では気づかないかもしれませんが自然と上達しているもの。

過去に自分が書いた英語日記や録音した英語の音声などを振り返ってみると、その時よりもレベルが上がったことを実感できるでしょう。

後に上達度合いを確認するため、そして自分の学習記録になるように、ぜひ英語日記や音声の記録をつけておくことをおすすめします。

英語学習に最も効果的なコーチングレッスン

コーチング

もちろん、今までお伝えしてきた方法で英語力をアップすることは十分可能ですが、実は、最短でより効率的に上達を目指すのであればコーチング型で特訓するのが最も効果的だと言われているんです。

コーチング型レッスンが効果的な理由

  1. 自分の目的に合ったオリジナルカリキュラムで、無駄なく学習できるため最短で伸びる
    自分のためだけに作られたオリジナルのカリキュラムなので、自分の弱点だけ徹底して学習できる。そのため最短ルートで英語の習得が可能。

  2. 講師がマンツーマンサポートしてくれるので、途中で挫折しにくい
    講師が学習の進捗状況や上達度合いの変化などを、都度細かくアドバイスしてくれる。目標達成までサポート&応援してくれるので最後までやりきれる。

中でもおすすめは、サッカー選手の本田圭佑さんが受講していることで話題の「PROGRIT(プログリット)」。

「本気で英語を身につけたい人」に選ばれている短期集中の英語コーチングです。最短で最大の効果が出るので、早く結果を出したい人に最適。

  • 「高額なのでは」と思われる方もいるかもしれませんが、英語力の上がり幅で比較すると高くはありません。 例えば、月額3〜4万円の英会話スクールに1年間通うと約40万円ほどかかりますが、 PROGRIT(プログリット)ではその上がり幅を2ヶ月で達成するため、決して高い金額ではないと言えます。

ちなみに、60分の無料カウンセリングあり。(校舎訪問・オンラインどちらも可)

カウンセリング内容
  1. 過去の英語学習状況や今後の目標等のヒアリング
  2. 現時点の英語力診断(テストを実施)
  3. 最適なカリキュラムの提案及びプログリットのサポート体制の説明

こんなに充実した60分のカウンセリングなのに、無料なのは嬉しすぎますね!

ちょっと裏技的な使い方にはなりますが、プログリット(PROGRIT)の無料カウンセリングを利用すれば、タダで今の自分の英語力を測り学習アドバイスも受けられるということ。

Erika

無料で今の実力と弱点が分かるってすごいお得だと思いませんか?
1時間で自分の苦手を発見し、今後の学習プランに活かしましょう!

無料カウンセリングはこちら▼

【PROGRIT】



PROGRIT(プログリット)の詳細はこちら▼

英語の伸び悩みの先にある「ブレイクスルー」

ブレイクスルー

英語学習の過程で、誰もが経験する「伸び悩み時期」。そして、その停滞期から抜け出したと感じる体験が「ブレイクスルー」です。

ここからは、ブレイクスルーとは何か、そしてブレイクスルーはいつ体験できるのか説明していきます。

英語学習における「ブレイクスルー」とは

ブレイクスルーとは、英語能力の伸び悩み時期を抜け出し英語の上達を実感する体験のこと。

英語力の停滞期は、誰もが必ず通る道なので不安になることはありません。英語力は停滞期とブレイクスルーを繰り返して、徐々に向上していくものです。

現在英語が伸びなくて悩んでいるという方は、まさにブレイクスルーの一歩手前。もう少し学習を継続すれば、大きな成長を実感できるはずです。そのため、ここで諦めてしまうのは非常にもったいない!

これまで紹介してきた学習方法を取り入れ、継続してみてください。

ブレイクスルーはいつ体験できるのか

停滞期とブレイクスルーを繰り返し徐々に英語力が向上していくのですが、どのくらい継続すればブレイクスルーが体験できるか、というのは個人によって異なるため明確な目安がありません

その人の学習スピードや学習量によって、必要な期間が変わってきます。しかし、より効率的に学習を進めていれば、ブレイクスルーまでの期間は短くなると言えるでしょう。

これまでお伝えしてきた学習方法で効率的に学習を進め、停滞期に入っても焦ることなくコツコツと自分のペースで継続しましょう!

まとめ

英語学習

今回の記事では英語が伸びない原因とその解消方法を解説してきましたが、当てはまる原因はありましたか?

解消方法として紹介したものはどれもすぐに取り入れらるものなので、無理のない範囲でぜひ試してみてくださいね。

皆さんが伸び悩み時期から早く抜け出し、ブレイクスルーを体験できることを願っています!


オンライン英会話での英語学習については以下の記事を参考にしてみてください▼


自宅にいながら、まるで海外留学しているかのような気分になれる海外ドラマの活用法はこちら▼



英語の伸び悩み

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
CONTENTS