ESTAでハワイに滞在できる期間・長期滞在の日数目安|観光ビザとの比較


ハワイにビザを取得せず一般的な観光や短期商用の目的で渡航する場合、アメリカ合衆国のビザ申請が免除されるESTA(電子渡航認証許可)の取得が必須です。

今回の記事では、そのESTAで滞在できる期間と、長期滞在の日数目安、短期観光ビザとの比較をお伝えしていきます。

これからハワイに旅行を計画していて、長めに滞在したいと考えている方はぜひチェックしてみてください。

CONTENTS

ハワイ渡航に必要なESTAについて

 ハワイ渡航には、アメリカ本土への渡航の場合と同様に渡航前にESTA(アメリカ電子渡航認証システム)の申請を行い、ESTA取得が必要です。

そうすることで、ビザ取得をしないでアメリカに入国することができます。(滞在期間は最長90日間)

ESTAの審査に72時間ほどかかる場合もあるため、ハワイへの渡航が決まったら、日数に余裕を持ってESTAを申請してください。

最遅で渡航の72時間前(3日前)には申請しましょう。

ちなみに、あくまで電子渡航認証となるため何か証明書が送られてくるわけではありません。審査が終わると、申請時に登録したメールアドレス宛にステータスを確認するよう連絡がきます。

連絡が来たらご自身でオンラインにて、申請が承認されたかどうか確認するのみとなります。

ESTA米国ビザ免除プログラム(VWP) ESTA申請条件

下記のESTA申請条件をすべて満たしている場合、アメリカ合衆国のビザ申請が免除され、ESTA(電子渡航認証許可)の申請が可能となります。

  1. 有効なICチップ搭載のパスポートを保有している
  2. 往復または第三国への航空券もしくは乗船券を所持している
  3. アメリカへの渡航が観光、短期商用、通過目的(乗り継ぎ・トランジット)等
  4. アメリカ合衆国入国後、最長90日間までの滞在に限る

ESTAのホームページにてオンライン申請を行いましょう。

》米国大使館公式サイト|ESTA公式サイト

ESTAで滞在できる期間

最大90日間連続でアメリカに滞在することが可能

電子渡航認証システムESTAは、日本を含むビザ免除プログラム参加国が、ビザなしでアメリカに入国することができるシステムです。

出発の72時間前までに、インターネットで申請を行う必要があります。申請が完了したESTA、有効なパスポート、帰りの航空券を所持していれば渡米することができます。

旅行や出張など短期滞在の場合に限り、最大90日間連続でアメリカに滞在することが可能。

利用回数制限は無いが頻繁な利用は要注意

制度上、一度の滞在期間が90日以内であれば、ESTAの有効期限の間何度でも渡米することができます。

しかし、短期間で1年のうちに何度もアメリカを訪れていたり、滞在期間が毎回長かったりすると、本当に観光目的なのか入国審査官から怪しまれてしまいます。

アメリカで働いたり住もうとしているのではないかと少しでも疑われると、別室にて質疑応答を受ける可能性が高いです。

年間累計90日以上アメリカに滞在する予定があるならば、次に紹介する旅行用ビザの取得を視野に入れたほうが良いかもしれません。

》外務省・米国渡航におけるESTA申請について

アメリカ短期観光ビザ(Bビザ)について

アメリカのビザには渡米目的により様々な種類があり、種類によって滞在できる期間も異なります。

旅行の場合は短期観光ビザ(B-2)を申請することが可能。短期の商用ビザ(B-1)とまとめて一般的に「Bビザ」とも呼ばれています。

このビザでは基本的には6ヶ月以内での滞在が許可され、延長申請も可能。

連続90日以上の滞在をするのであればESTAでなく、ビザの取得が必須です。

取得には、米国大使館で面接を行う必要がありますが、利用範囲が広く、過去に違反や問題がなければ申請が可能です。

しかし、ESTAではなくビザを取得する必要性があることを証明しなければならず、長期滞在する正当な理由がない場合は許可が降りにくくなります。

6ヶ月近く滞在する正当な理由というのは、例えばアメリカでしか受けられない病気の治療を受ける、アメリカに拠点がある工場の整備などがあたります。

単なる観光目的で取得するのは非常に難しいでしょう。

また、ビザはアメリカへの入国を許可するもので、ビザがあるから必ず入国できるわけではありません。

そして、滞在できる期間は6ヶ月以内ではありますが、どのくらいの期間滞在できるかは当日空港に到着してから、入国審査官によって決められるので、確実ではありません。

観光ビザ(Bビザ)の滞在期間について

アメリカに到着し入国手続きを行う際、審査官によりそれぞれの人に応じた滞在期間が決められます。

必ずしもビザの有効期限(6ヶ月間)まで滞在が許可されるわけではありません。人によっては3ヶ月や4ヶ月などということもあります。

入国が許可されると、入国書類である「I-94」という白いフォームに滞在期限が記載されます。

一度滞在期間が決定した後に滞在期間を延長したい場合は、最大で6ヶ月の延長を申請することが可能ですが、延長には正当な理由(アメリカに住む親族の体調不良で世話をする必要があるなど)とその証明が必要なので、観光目的の場合、延長は難しいでしょう。

ESTAやビザを取り直して再度入国することはできる?

再度入国は可能

ESTA、ビザそれぞれの滞在可能期間、ルールに違反することなくきちんと帰国した場合であれば、再度入国することは可能です。

しかし、再度入国する時に「観光目的、短期間の滞在である」という事実を審査官にしっかりと伝えられないと、入国が難しくなります。

特に毎回長期で滞在する場合は注意が必要で、審査官に怪しまれるような旅程を組むのは避けたほうが良いです。

また、虚偽の申告は絶対にやめましょう。

怪しまれるのを避けるために、2週間滞在予定ということにし帰国便の航空券も用意しておき、入国後に帰国便のフライトを変更するというのは一つの手ではあります。

ESTAの有効期限

ESTAの有効期限は2年間です。

ESTAは2年を過ぎた場合、更新するわけではなく、再度インターネットで新規に申請する必要があります。

また2年以内であってもパスポートの有効期限が切れた場合は再度申請し直す必要があります。

ESTAでの渡航目的、滞在期間を守っている限り、申請回数に制限はなく、何度でも申請し入国の許可を得ることができます。

Bビザの有効期限

Bビザの有効期限は10年間です。その間にパスポートの期限が切れたとしても、ビザは期限内であれば有効です。

アメリカに入国する際はビザが付いている旧パスポートと新しいパスポートの2冊を提示する必要があります。

ビザの有効期限が切れた場合は、目的に適したビザであれば再度申請することができます。(米国大使館での面接が必要)

繰り返し渡米する場合は、一定の条件を満たせば更新という手続きが取れ、米国大使館、領事館での面接が免除される可能性もあります。(稀ではあります)


入国回数、滞在日数の限度はどれくらい?

明確な回数の取り決めはありませんが、頻繁な入国は怪しまれます

ESTAもビザも、制度上は入国回数に限度はありません。

しかし、頻繁に入国を繰り返していると、入国審査官が「本当に観光目的なのか、アメリカに定住したりアメリカで働こうとしているのでは」と不審に思い、別室での質疑応答により入国が難しくなる場合があります。

審査官はアメリカに定住したり働こうとしているのではないか、という視点で厳しく審査しています。

特に若い女性一人旅の場合は、結婚相手を探して定住しようとしているのではないかと疑われます。

ESTAの年間入国回数と滞在期間目安

ESTAでの入国の場合、90日以内の連続滞在ができますが、もし90日近く滞在して帰国した場合は、帰国後少なくとも3~4ヶ月、できれば半年は渡米を控えるのが安心です。

目安として、年間のアメリカ滞在が累計180日以内、入国回数が年に3回程度であればセーフと言われています。

しかし、入国できるかできないかは、当日の審査官によって決められるのであくまでも目安程度に留めておいてください。

入国審査で審査官から質問を受けた場合に備え、正当な理由をスムーズに答えられるよう準備しておくと安心です。

一度入国拒否となると、以後ESTAでのアメリカ入国ができなくなります。

Bビザの年間入国回数と滞在期間目安

ビザでの入国の場合も年間の入国回数の限度はありません。しかし、怪しまれないよう入国審査官に正しい渡米目的をしっかりと伝え、納得させることが必要です。虚偽の申告は絶対にやめましょう。

一度入国審査でつまずいてしまうと、履歴が残り次回以降の渡米がスムーズにできなくなることもあります。

アメリカ滞在期間で注意する点

パスポート

ESTA、Bビザもそうですが、どのビザでもそれぞれのアメリカ滞在可能期間を過ぎないように注意する必要があります。

滞在可能期間を超えて滞在してしまう事を「オーバーステイ」と言いますが、これは不法滞在にあたり、罰金や拘束の対象となる深刻な違反です。

特にESTAで入国した際は、滞在限度が90日までで、1日でも超えてしまうとオーバーステイとみなされてしまうので気をつけましょう。

オーバーステイについて

ESTAで入国した場合は、滞在期間が90日を超えた場合にオーナーステイ、ビザで入国した場合は、入国時審査官に許可された日数を超えて滞在した場合にオーバーステイとなります。

オーバーステイは深刻な問題で、一度犯してしまうと一生履歴に残る移民法違反です。

もしもオーバーステイしてしまったら?

滞在可能期間を180日〜1年オーバーステイした場合は、3年間アメリカへの入国禁止。1年以上であれば10年間入国禁止になります。

180日以内のオーバーステイでは正式なペナルティーが定められていませんが、オーバーステイの記録が残ってしまいます。

短期間のアメリカ旅行のつもりが、楽しくて延泊を繰り返しているうちに気付いたら90日以上経ってしまったということにならないように注意です。

それから、飛行機の遅延など予想外のオーバーステイです。

故意ではなく、飛行機の遅延等で滞在日数が1日に過ぎてしまった場合も、オーバーステイとみなされ記録が残ります。

悪天候による突然の欠航や、現在ではコロナの影響でフライトの遅延の可能性があります。

滞在可能期間ギリギリまでいるのはリスクがあるので、帰国日は余裕を持った日程になるように計画しましょう。

オーバーステイ後に再入国する方法は?

ここからは、もしオーバーステイしてしまった場合再入国する方法についてみていきます。

ESTAでオーバーステイした場合

ESTAを利用して入国し、1日でもオーバーステイをしてしまった場合、以後ESTAを利用して入国できなくなります。

そのため次回アメリカに入国する場合は、数日間の旅行であったとしても、Bビザの取得が必要です。

Bビザでオーバーステイした場合

Bビザを利用して入国しオーバーステイをしてしまった場合、以後ESTAの取得はもちろんできませんし、所持しているビザも無効となります。

再度アメリカに入国するには米国大使館でビザを申請し直す必要があります。

ビザが承認されるかはオーバーステイの原因にもよりますが、故意に長期間不法滞在した場合はアメリカへの再入国は難し区なります。


航空券+ホテルはこちらからチェック▼

》JAL(航空券+ホテル)


》JTB(航空券+ホテル)


》HIS(航空券+ホテル)


》Expedia(航空券+ホテル)


》スカイチケット(航空券+ホテル)

まとめ

この記事では、ESTAで滞在できる期間と、長期滞在の日数目安、短期観光ビザとの比較をお伝えしてきました。

ハワイに旅行予定の方で、長めに滞在したいと考えている方はこの記事を確認して、ESTAで旅行するかビザを申請するかの参考にしてみてください。


  • URLをコピーしました!

Comment

コメントする

CONTENTS
閉じる