【日常英会話】カフェで使える英語フレーズ|海外カフェの注文〜支払いまで


海外でカフェに行った時、「注文したいけど英語に自信ない」と感じたことはありませんか?

カフェのやりとりなんて学校では学ばないですよね。でもこういう日常生活のやり取りの方を知っていた方が、実際に役立つことが多いです。

この記事では、カフェでの注文から支払いまで、店員さんとの一通りのやりとりで使える英語フレーズを紹介していきます。

CONTENTS

入店時の挨拶で使う英語フレーズ

カフェの席にて


海外では注文するカウンターの前に立つと、店員さんが簡単な挨拶をしてくれることが一般的。

以下のようにシンプルに回答すればOKです。

Hi, how are you today?
こんにちは、今日はどうですか?

Hi, I’m pretty good, thank you, how about you?
良いですよ、ありがとうございます。あなたは?

I’m good too, thank you.
私もとても良いですよ、ありがとうございます。

このような簡単な挨拶から始まり、注文の会話に続きます。

どんなに忙しいカフェでも “Hi” や “Hello” は必ず言ってくれるので、 同じように “Hi” や “Hello” と返しましょう。

フレンドリーな店員さんなら、”I like your outfit.”(その洋服良いですね)や、”Your hat looks nice, where did you get it?.”(素敵な帽子ですね、どこで買いましたか?)などと、挨拶の一部としてスモールトークを入れてくることもあります。

日本では滅多にない、欧米らしい習慣♪

定員さんが注文を聞くときの英語フレーズ

簡単な挨拶の後は、注文のやりとりです。

まずはカフェの店員さんがお客さんに注文を聞くときによく使う、定番フレーズを見ていきます。

Are you ready to order?
ご注文はお決まりですか?

・What can I get for you today?
今日は、何にしましょうか?

・What can I get you?
何にしましょうか?

・What would you like?
何がよろしいですか?

・What would you like to order?
ご注文は何にしますか?

・May I take your order?
ご注文をとらせて頂いてもよろしいですか?

このようなフレーズで聞いてくることがほとんどです。

実際に聞かれたときに慌てないよう頭に入れておきましょう!

お客さんが注文するときの英語フレーズ

次に、お客さんが注文を伝えるフレーズを見ていきます。

メニューなどの注文では下記の表現を覚えておくと応用がききます。
●「〜いただけますか?」 “Can I get / have 〜 ?
●「〜にします」”I’ll (I will) have 〜
●「〜がほしいです」”I’d (I would) like 〜

Can I get a hot soy latte?
ソイラテをもらえますか?

I’ll have an iced coffee.
アイスコーヒーにします。

温かい飲み物 “hot
冷たい飲み物 iced

カフェイン抜きの「デカフェ」を注文したいとき

Could I get a decaf latte?
カフェイン抜きのラテを頂けますか?

カフェイン抜きは、“decaf” 。発音は「ディーキャッフ」となります。

日本ではカフェインレスという表現も使われますが、英語では “decaf” という表現が一般的。

また、 “Can I〜?” を Could I〜?” に変えれば、より丁寧な表現になります。

注文のバリエーション

I’d like a small hot coffee and a slice of banana bread please.
ホットのスモールサイズのコーヒーとバナナブレッド1切れください。

ドリンクの注文は次の順番です。

サイズ + アイス/ホット + ドリンクの名前

Can I get a medium iced latte?
(アイスのミディアムラテいただけますか?)

ケーキやパン、トーストなどは基本的に、“a slice of ~”(1切れの)や “two slices of ~”(2切れの)というように注文します。

最後の “please” は付けなくても良いですが、付けるとより丁寧になります。

注文を追加するとき

コーヒーを飲むと後からお水が飲みたくなることもありますよね。

注文を追加したいときは “and” で続ければOK。

I’d like an espresso please, and may I have a glass of water too?
エスプレッソをいただきます。それと水を一杯頂けますか?

水やジュース、ワインといったグラスに入った飲み物は、“a glass of ~”(1杯の~)を使います。

2杯以上は、 “glass” が “glasses” と複数形になり、“two glasses of ~” (2杯の~)となります。

同行人と同じものを注文するとき

I’ll have the same please.
私も同じものをお願いします。

グループでお店に入ったときに、先に注文した同行人と同じものを頼むときに使える便利なフレーズです。

追加のやりとりで使う英語フレーズ

Anything else?
他には何か?

That’s it.
それだけです。

こちらは、注文を言い終えたときよく聞かれるフレーズです。

そのほかに注文がなければ、That’s it.” “That’s all.” と言いましょう。

他に頼みたいものがあれば、and ~ , please.” と続けましょう。

ドリンクのサイズを伝えていなかった場合

What size do you want?
・What size would you like?
どのサイズがよろしいですか?

Small please.
スモールお願いします。

英語のドリンクサイズ

一般的なカフェ

Small:スモール(小)
Medium:ミディアム(中)
Large:ラージ(大)

スターバックス

Tall:トール
Grande:グランデ
Venti:ベンティ
Trenta:トレンタ

スターバックスではサイズの呼び方が少し変わります。

日本で一番小さいサイズはShort(ショート)ですが、欧米ではTall(トール)になります。
また、日本にないビッグサイズ、Trenta(トレンタ)は約1リットル!

砂糖とミルクを入れるかどうか聞かれた場合

Would you like your coffee with milk and sugar?
コーヒーにミルクと砂糖は入れますか?

Yes, please.
はい、お願いします。

・No, thank you.
いいえ、結構です。

Without milk or sugar please.
ミルクも砂糖もなしでお願いします。

・With milk but no sugar please.
砂糖はなしで、ミルクをお願いします。

Yes / No 以外に with / without を使った答え方もできます。

店内 or 持ち帰りか聞くときの英語フレーズ

店内で飲むか、持ち帰りかもよく聞かれるのでその際の表現も覚えておきましょう。

For here or to go?
店内で召し上がりますか、それともお持ち帰りですか?

For here please. / To go please.
店内です。/ 持ち帰ります。

お会計のときの英語フレーズ

Your total is $5.20.
合計で$5.20です。

Do you accept credit cards?
Can I use a credit card?
クレジットカードは使えますか?

もし金額が聞き取れなかった場合は、レジの金額が表示される部分を確認しましょう。

欧米ではほとんどのカフェでクレジットカードが使用でき、コーヒー1杯分(3ドル以下)でもクレジットやデビットカードで支払うことが多いです。

もしクレジットカードのマシーンが見当たらず心配だったら、上記のように聞いてみましょう。

スタバなどのカフェで飲み物を注文すると、飲み物が出来上がったときに渡せるように、名前を聞かれます。

“Can I have your name, please?
(お名前を教えていただけますか?)

発音が難しいような日本の名前の場合は、イングリッシュネームを作って伝えてあげるといいですよ!
例えば、みれいさんなら「Miley(マイリー)」、とものりさんなら「Tommy(トミー)」 など。

帰り際の英語フレーズ

支払いが終われば、やりとりは終了です。

店員:
Please wait at the corner over there. Thank you, have a good day.
あちらのコーナーでお待ちください。ありがとう、素敵な一日を!

Thank you. You too!
ありがとうございます、あなたも!

最後は笑顔で「ありがとう」を忘れずに!フレンドリーに明るく締めくくりましょう。

日常英会話の学習は海外ドラマで


日常英会話を身につけて実際の生活でスムーズに英語を使えるようになりたいなら、ネイティブのリアルな英語が学べる海外ドラマがおすすめ!

中でも、U-NEXTは、初心者向けの海外ドラマをはじめ、最新作なども全て定額料金で視聴できてとってもお得!

あの「FRIENDS」や「SATC」などの大人気の海外ドラマが視聴できます。

U-NEXT詳細

U-NEXTは、210,000本以上のドラマ・映画・バラエティ・アニメなどの動画が、すべて見放題の動画配信サービス

  • 月額料金:2,189円
  • 同時視聴アカウント数:4台
  • 毎月貰えるポイント:1.200円分

月額料金だと他のプラットフォームより割高ですが、毎月貰えるポイントを換算すれば半額ほどの料金に!さらに動画だけでなく有料記事や漫画などの書籍も無料で閲覧できるため、お得感満載と言えます!

U-NEXTでは以下をはじめとする人気海外ドラマが定額見放題

  • フレンズ
  • ビッグバンセオリー
  • ゴシップガール
  • セックス・アンド・ザ・シティ
  • グレイズ・アナトミー
  • スーツ
  • HAWAII FIVE-O
  • The OC
  • プリティ・リトル・ライアーズ

そしてなんと、HBO-MAX独占放送の、FRIENDSキャストがあの頃を振り返る『フレンズ:ザ・リユニオン (2021)』、Sex and the City のその後を描く『AND JUST LIKE THAT…(2021)』、ハリー・ポッター20周年記念『リターン・トゥ・ホグワーツ』まで見れる!

気になる方はまず無料トライアル(31日間)を試してみてください!


まとめ

いかがでしたでしょうか?

ネイティブは早口で聞きとりにくく、やりとりにドキドキしてしまうこともあるでしょう。

事前に今回紹介したフレーズに目を通して頭に入れておけば、完全に聞きとれなくても、意味が理解しやすくなりますよ!


  • URLをコピーしました!
CONTENTS
閉じる