ハワイのチップ相場|ホテル・レストランなどシチュエーション別に紹介


日本では馴染みのないチップ文化ですが、アメリカ-ハワイでは習慣です。

この記事では、ハワイのチップ相場から、習慣やマナーについて紹介します。

どれくらい払う?」「どこで?」「いつ?」などがわかります。

ハワイ旅行の際にはぜひ参考にしてみてください。

CONTENTS

ハワイの「チップ」文化

アメリカでは、レストランやホテルなどでサービスをしてもらう度にチップとしてお金を渡すのが習慣です。

サービス業で働く人たちの賃金は、チップを貰えることを前提にして低めに設定されているため、中にはチップがないと生活が成り立たなくなってしまう人もいます。

アメリカのチップの習慣はこのような事情の上に成り立っており、チップを払わないのは大変失礼なので、サービスを受けた際は必ずチップを渡すようにしましょう

ハワイ ホテルのチップ

ホテルルーム


部屋まで荷物を運んでくれた場合

$1~2

フロントでチェックインを済ませ、係員が荷物を部屋まで運んでくれた場合、荷物1個につき$1~2渡すのが一般的。

渡すタイミングは、お部屋に到着したときに速やかに渡します。

なお、旅行会社主催のツアーやパッケージなどに参加している場合、料金に含まれているので必要ありません。

ルームサービス

$1~

毎日のベッドメイキングには1人1日あたり$1~が相場です。

滞在中は毎日、枕元やサイドテーブルに置くのが基本。

こちらはツアーに参加している場合でもチップを置いておきましょう。

毎日同じメイドさんが来るわけではないので、最後にまとめて置くよりも毎日置くほうがベターです。

特に、散らかしてしまったり、洗面所などが汚れてしまったと思ったら少し多めに置いておくと丁寧な印象。

チップをただ置くだけでは受け取ってくれない場合もあるので、感謝の気持ちも込めて「Thank you」というメモと一緒に置くと良いみたい。

ハワイ レストランのチップ

レストラン


利用金額の15~20%

レストランでは食事が終わると勘定書(黒色のカバーに挟んであることが多い)を持ってきてくれるので、通常はテーブルでチップを含めて支払いを行います。

現金で払う場合は、チップを含む合計金額の現金をまとめて、その勘定書に挟んでテーブルの上に置いておくだけでOK。

チップの金額はレストランのランキングやサービスによって変わります。

サーバーがテーブルに食事を運んでくれる一般的なレストランの場合、利用金額の15~20%

レストランのランクによって金額が違う

老舗レストランや高級ホテル内のレストランの場合には少し高くなり20~25%程度が相場。

レストランのランクがわからなければ、とりあえず15%支払っておけば失礼にはなりません。

自分で料理を取りに行くビュッフェ形式の場合も、サーバーがドリンクを運んだり食べ終わったお皿を片付けてくれたりするので、10%程度のチップを置きましょう。

お店によってはすでにメニュー表や勘定書の「Gratuity」や「Tip」の部分にチップの金額が書かれていることがあります。

その場合は、チップがすでに含まれた金額なので、さらにチップを払う必要はありません。

二重にチップを支払うことがないように「gratuity included」などと書いてないか確認しましょう。

なお、ハワイではたまに勘定書に間違いがあることがあるので、念のために確認すると安心です。

クレジットカードで支払う方法

クレジットカードで支払う場合は、勘定書が入っているカバーにクレジットカードを挟んで、そのままサーバーに渡します。

そうするとクレジットカードの伝票を作成して持ってきてくれます。

クレジットカードの伝票は、チップの金額欄(Tip)、最終の合計金額欄(Total)、署名欄(Signature)の3箇所に記入。

Amount $43.50 (利用金額)
Tip $6.5 ◀︎チップ額を記載       
Total $50.00 ◀︎利用金額とチップの合計を記載
X (Signature) ◀︎署名

チップの金額を書き込む際は、金額の前に$(ドル)を書くのを忘れずに。

自分が書き込んだ金額を他人に操作されないためのセキュリティー対策にもなります。

サービスが良ければ少し多めに支払うと後でいいことがあるかもしれません!

というのも、小さい島だからなのか、ハワイのウェイターさんはお客さんの顔をよく覚えています。

チップを多めに払っておくと、次回利用するときに顔を覚えていてくれたらドリンクサービスなどがあるかも。

サービスが悪くてもチップが必要

サービスが悪いと感じても必ずチップを払いましょう

これはマナーなので、チップを支払わないのは逆に大変失礼な行為になります。

もし不満があった場合は、サーバーにその内容を伝えてから、その場でお店のマネージャーに伝えてもらいましょう。

大きな問題であった場合は、食事代を無料にしてくれることもあります。

ハワイ バーのチップ

バー


$1

ドリンクを一杯運んでもらうたびにお金を支払うバーなどでは、1杯につき$1渡す人が多いです。

こちらも行きつけのバーだったら、多めにチップを渡すと次行った時にドリンクサービスがあるかもしれません。

テイクアウトのお店の場合は?

カフェ


チップ不要

カウンターで注文・先払いするスタイルのカフェやプレートランチなどのテイクアウトのお店では、チップは支払わなくてOK。

もし感謝の気持ちとしてチップを渡したい場合は、レジのそばにある「チップ入れ」の瓶に、お会計の際におつりでもらった小銭や$1札などを入れましょう。

また、ファーストフードのお店でもチップを渡す必要はありません。


ハワイ 交通機関のチップ

タクシー


利用金額の15~20%

タクシーを利用する際には、料金に対して15~20%程度が一般的。

タクシードライバーにチップを渡すタイミングは、降りる時にメーターの金額に加える形でまとめて渡します。

また、最近はタクシーよりLiftUberを利用することの方が多いですが、その場合も同じです。

サービスに問題がなければ、15~20%を渡しましょう。

LiftやUberはタクシーとは異なり、降車後にスマホアプリでドライバーの評価を送る際にチップを追加することができます。そのため、車を降りる際に渡す必要はありません。

ザ・バス(市バス)やトロリーの場合は、チップを渡さなくてOK。

ハワイ オプショナルツアーのチップ

ウェールワォッチング


不要 / 10~15%

旅行代理店やツアーデスクなどで申し込むオプショナルツアーで、「チップ込み」と明記されている場合はチップを払う必要はありません。

チップ込みかどうかが明記されていない場合は、ツアー代金の10%~15%程度をツアーガイドやアクティビティのインストラクターに渡します。

タッチパネルでチップを選択する場合

レジの会計マシーン


カフェなどで、カウンター越しのカード払いの際、タッチパネルに自分でカードをスワイプする形式のところが多くなってきました。

カードをスワイプすると、タッチパネルのスクリーンに「Tip」という項目が出てきて、No TiP / 15% / 18% / 20%などのチップの割合が表示されます。

この時、チップの割合を選びます。

フードコートやテイクアウト、カフェなどの場合は基本「No Tip」を選択してOK。

ハワイ チップが不要なケース

●スーパーマーケット
●ファーストフード店
●テイクアウトのプレートランチ
●アパレルショップ
●ホテルのコンシェルジュ
●ツアーデスク
●レンタカーのスタッフ
●スタバなどのカフェ
(レジにある瓶に$1やおつりを入れてもOK)
●市バスやトロリーの運転手
●Airbnb

チップ用の$1札を用意

現金でチップを払う際には、$1札などの細かいお金があると便利です。

旅行の際は両替していく方も多いと思うので、現地に着いたら何か買う際にお金を崩しておくと良いでしょう。

まとめ

今回は、ハワイのチップ事情と相場についてお伝えしてきました。ぜひハワイ旅行の際に参考にしてみてください!


  • URLをコピーしました!

Comment

コメントする

CONTENTS
閉じる