ハワイ移住のメリットとデメリットを解説|生活と旅行は違う?


ハワイには毎年家族で旅行される方、新婚旅行に行かれる方などが非常に多いですよね。

留学生もたくさんいますし現地在住で働いている方も多く、日本人に馴染みやすく住みやすいので、一度は住んでみたいと思う方もいるでしょう。

しかし「住む」のと「旅行」とは違うことがたくさんあります。

この記事では、私がハワイに約2年間住んだ経験をもとに、ハワイ移住、ハワイに住むメリットとデメリットをお伝えしていきます。

ハワイに住みたいと思っている方、ハワイ移住や留学、就労などの長期滞在を考えている方に読んでほしい内容となっています。

CONTENTS

ハワイ移住のメリットとデメリット

・過ごしやすい気候
・海や山のレジャーが楽しめる
・日本人にとって馴染みやすい
・自然に癒されてストレスが軽減する
・比較的治安が良い

・物価が高い
・医療費が高い
・日本より治安が悪い
・英語が上達しにくい
・都会好きには物足りない

ハワイに住むメリット

ハワイは過ごしやすい気候

ダイアモンドヘッド


ハワイの気温は1年を通して24~30℃で安定しており非常に過ごしやすいです。

ハワイは「夏」と「冬」の2つの季節があり、雨の少ない乾季(5月~10月)が夏、比較的雨が多い雨季(11月~4月)が冬にあたります。

夏でも日本のような蒸し暑さはなく、カラッとしているのでエアコンがなくても過ごせます。

また、雨季といっても日本と比べ雨量は少なく、1日中雨が降っていることはほとんどありません。

1年を通してベストシーズンと言えるでしょう。

冬は朝晩は少し冷えるので上着が必要ですが、日中は夏と同じ服装でOKです。
1年を通して寒暖差があまりないので衣替えの必要がなく本当に楽チンです!

また、ハワイは大きな災害がほとんどありません。

地震もめったになく、台風も接近しないので、自然災害を心配する必要がないのです。

このこともリラックスして過ごせる要因の1つでしょう。

ハワイの自然が楽しめる

ワイキキのサンセット


ハワイといえばあの透き通った青い海を真っ先に思い浮かべるでしょう。

ワイキキビーチやアラモアナビーチは定番ですが、ラニカイビーチ、ワイマナロビーチ、カイルアビーチなどの美しいビーチがたくさんあります。

現地に住んでいれば、島の色々なビーチをゆっくり楽しむことができますし、サーフィンやシュノーケリングなどのマリンスポーツがいつでもできます。

そして、なんといってもハワイのサンセットは特別。

日本であのような夕日を見られる場所はほとんどないのではないでしょうか?

山頂からの海の眺め


それから、ハワイで楽しめるアウトドア・アクティビティとして忘れてはいけないのがハイキング。

ダイヤモンドヘッドは有名ですが、その他にも島のあちこちにたくさんのハイキングコースがあります。

旅行だと時間的にダイアモンドヘッドくらいにしか登れませんが、ハワイに住めば、島にある様々なハイキングに行くことができます。

ハワイは日本人にとって馴染みやすい


ハワイには観光客や現地在住の日本人や、日系人がとても多いです。

日本食のお店もたくさんありますし、アラモアナにあるドンキホーテには日本の食材が豊富に揃っています。

ハワイほど日本食が充実している外国はありません。

現地の人は日本人に慣れているので比較的コミュニケーションがとりやすいといえますし、日本のカルチャーや日本語に興味がある人が多いので、友達も作りやすいでしょう。

日本のカルチャーに理解がある人が多いことが、その住みやすさに繋がっています。

ハワイの自然に癒されてストレスが軽減する

ビーチでリラックス


先ほども述べましたが、ハワイは海に囲まれていて毎日美しい景色を眺めることができます。

そんな美しい自然に囲まれていると嫌なことも忘れてリラックスできます。

部屋からダイヤモンドヘッドやワイキキビーチを見ながらのんびりとした時間を過ごすと、心が穏やかになり生きていることに感謝の気持ちが生まれますよ。

ハワイの企業では基本的に残業がないのも良い点ですね。

ハワイは比較的治安が良い

人が群がるワイキキビーチ


世界的観光地なので比較的治安は良いです。

特に観光スポットのワイキキでは、常にポリスが巡回しているので近年大きな事件は起きていないようです。

住むとなると気になるのが治安ですが、ハワイは安心して住めると考えて良いでしょう。

ただし、日本ほど治安は良くないのでひったくりや盗難などの軽犯罪には注意してください。
また、治安の悪い地域、ストリートには近づかないようにしましょう。


ハワイに住むデメリット

ハワイの物価が高い

マネー


ご存知かもしれませんが、ハワイの物価はとにかく高いです。

家賃や光熱費はもちろん、食費などすべて高く、日本の1.5~2倍くらい。

それなら賃金が日本より高いのではと思われるかもしれませんが、実はそうでもありません。

よほど高収入の職に就いていなければ、日本と同等か日本より低いくらいが平均。

収入と支出のバランスが良くないので、生活費用に余裕がなければ節約して生活しなければなりません。

特にネックとなるのが家賃。

日本の2倍くらいなので一人暮らしはかなり厳しく、ワイキキのコンドミニアムで一人暮らしするなら、1ヶ月13ドル(13.5万円)くらいかかります。

コンドミニアムのシェア(プライベートルーム)なら月々800ドルくらいが相場。

旅行で過ごすような贅沢な暮らしはできません。

芸能人や一部のリッチな人たちのような生活を想像していると、そのギャップに落胆してしまうでしょう。

ハワイの医療費が高い

病院


物価も高ければ、もちろん医療費も高額。

保険に入らなければ怪我や病気をしたらどうしようという不安がつきまといます。

また、保険に加入しても歯科や眼科などは通常のプランに含まれていないことが多いです。

私の場合、高熱でクリニックの先生に診てもらうだけで約100ドル(約1万円)でした。

会社の保険で60%カバーされたので40ドルになりましたが、もし保険に加入していなかったらと思うと怖いです。

また、夜間救急病院に行った際は約1,000ドル(約10万円)越え!

こちらも保険でカバーされて500ドル(約5万円)ほどになりましたが、それでも高額。


ハワイは日本より治安が悪い

夜道

メリットで「比較的治安が良い」とお伝えしましたが、日本と比べたらやはり治安は良くありません。

私も実際にひったくりに遭いました。

ワイキキ周辺だけで、スリや盗難、暴行などを含む犯罪が1日あたり10〜20件、多い日は30件もあるのです。

それから、銃社会であることも忘れてはいけません。

数年前にアラモアナで乱射事件がありました。

滅多に起こることではないの心配する必要はありませんが、一般人でも銃を持っているということを忘れないようにしましょう。

ハワイでは英語が上達しにくいかも

勉強に苦戦する女性


日本人観光客が多いので、ワイキキなどの観光地は日本語で溢れています。

英語上達には生活の中で英語のシャワーを浴び続けるのが一番ですが、工夫しない限り常に日本語が入ってきてしまいます。

それに日本人が多いと、どうしても日本人同士で連んでしまうことも。

本気で英語を上達させたいと言う方にはあまり向いていないと言えます。

ビーチの誘惑もありますので、真面目に勉強を続けるモチベーション維持も必要です。

ハワイは都会好きには物足りない

洞窟にできたプール


ハワイは世界最大規模の大型リゾート地ではありますが、都会ではありません。

目新しいものがあるわけではないので、都会の刺激のある生活に慣れていると、徐々に退屈に感じてくるかもしれません。

やることといえば、ビーチに行く、マリンスポーツ、ハイキング、ゴルフなどのアウトドアがほとんどで、代わり映えしない毎日が退屈に感じる人もいるでしょう。

自然の中でのびのび生活したい人には最高の場所ですが、都会の雰囲気が好きな人には合わないと言えます。

まとめ

ハワイに住むメリットとデメリットをお伝えしましたが、皆さんはハワイに住みたくなりましたか?

私の場合、ハワイの暮らしの方がのんびりしていて自分らしく生きられるので総合的に考えてハワイが好きです!
自然が大好きで、ハワイが性格や感性に合っているなと思っています。


  • URLをコピーしました!

Comment

コメントする

CONTENTS
閉じる