ハワイで銀行口座を開設する方法|留学や移住にワイキキにある便利な銀行


ハワイに住むにあたり、必要になるのが銀行口座の開設です。

この記事では、ハワイで銀行口座を開設する方法や注意点を解説します

旅行で訪れる方、これから留学や長期滞在、就職、移住などでハワイに住むという方にぜひ読んでほしい記事となっています。

CONTENTS

日本人でもハワイで銀行口座開設できる

ハワイワイキキのビーチ

日本人でもハワイで口座開設できます。

通常アメリカの銀行で口座開設する場合、SSN(Social Security Number)というアメリカの社会保障番号が必要なので、ハワイ以外の州では非居住者の口座開設が認められていないことがほとんど。

しかし、ハワイは銀行口座開設の制限が比較的優しく、観光客やハワイ在住でない人でも口座を開設することができます。

ハワイの主な収入源は観光業なので、日本人を含む観光客に優しい制度となっているよう。また、多くの銀行が日本語対応もしているので安心です。

SSNを取得することができない留学生にとっては嬉しい制度。ただ、銀行によってはSSNが必須である場合もあるので、確認しておきましょう。

また、オンラインで口座を開設できるサービスは、現地在住のアメリカ国籍の方のみになります。そのため、実際に店舗を訪れて口座開設の手続きをするようにしましょう。

ハワイに銀行口座を持つメリット

クレジットカードとデビットカードなど


  • ハワイで家賃を払う際・不動産を購入した際に便利
  • 為替差損を利用し、お得に米ドルを使うことができる
  • アメリカのデビットカードを作ることができる

ハワイで家賃を払う際・不動産を購入した際に便利

銀行を開設すれば、家賃を小切手で払うことができます。

また、コンドミニアムの管理費や電気代の支払いには自動引き落としを利用することができ便利です。

公共料金の自動引き落としは、どの銀行でも「Online Bill Pay(オンライン・ビル・ペイ)」などのオンライン上で完結できるシステムがあります。

毎月日本から送金したり、チェックを発行するのは手数料も高くなるため、銀行口座を開設し自動引き落としに設定すると便利です。

オンライン自動引き落としの手数料は無料の場合がほとんどですが、銀行や口座のランクによっては3〜5ドルの手数料がかかる場合があります。

為替差損を利用し、お得に米ドルを使うことができる

日本からハワイに旅行するたびに日本円をドルに換金していたら、その時の為替レートによっては大きく損をしてしまうことがありますよね。

おすすめは、円高の時にある程度のお金をハワイの銀行に預けておくこと。

そうすれば円安の時にハワイを訪れることになっても、ハワイの銀行にあるドルを使えば良いので為替のことを心配する必要がありません。

アメリカのデビットカードを作ることができる

口座を開設すると、VISAデビットカードやMASTERデビットカードといった、クレジットカードと同じように使えるデビットカードを持つことができます。

デビットカードは口座に入れた金額分しか使うことはできませんが、カード社会のハワイではデビットカードがあるとレストランやショップでの支払いがスムーズになります。

また、大金を持ち歩くと危険。万が一スリや盗難にあったとしてもカードなら支払いを停止することができます。

非居住者はアメリカ国内でのクレジットヒストリー(クレジットカードを作った履歴)がなく、クレジットカードを作ることができないので注意。

ハワイの銀行口座種類

貯金


ハワイの銀行口座には、主に以下の2種類があります。

アメリカ人の多くの人は、これら2つのタイプの口座の両方を持ち、両者間でお金を移動して使用しています。

Checking Account
(チェッキング・アカウント)

日本の普通預金口座のようなもので、日常使いに最適な口座です。

アメリカにおける公共料金の支払いや、不動産購入時のデポジットを払う際に使うことのできるCheck Book(小切手)の発行が可能。

アメリカでは一般的に使われる口座となります。利子がつかないことがほとんど。

Savings Account
(セイビング・アカウント)

貯蓄のための口座です。

高い利子がつくので、長期にわたりお金を預けておくのに適しています。

ただ、ATMからの引き出し回数や額に制限があったり、最低預金額の制限があるので注意。

ハワイ在住日本人にはChecking Accountを利用する方が多いです。
ATM手数料がかからないこと、小切手の発行ができるのが生活の上で便利。

ハワイで銀行口座を開く手順

ワイキキのコンドミニアムの立ち並ぶ通り


  1. 事前に電話などで問い合わせる

    これは必ず必要ではありませんが、心配な方は事前に問い合わせると確実でしょう。

  2. 支店に来店する

    ワイキキにある銀行なら、どこも日本語で対応できるスタッフが少なくとも1人はいます。
    英語が心配であれば日本語のできるスタッフを呼んでもらいましょう。

  3. 必要書類に記入

    名前や住所、連絡先、パスポート情報など口座開設に必要な情報を記入していきます。

  4. 本人確認書類を提出

    パスポートを忘れずに持参しましょう。
    もしくはハワイIDやハワイのドライバーライセンスがある方はそれでもOK。
    また就業する方でSSN(ソーシャルセキュリティナンバー)がある方は番号を控えておきましょう。

  5. 初期入金費用を提出

    開設時に入金する必要があります。
    最低預金額$20.00のドル紙幣があれば大丈夫です。

  6. 口座開設完了
    デビッドカードやATMカードで利用する4桁の暗証番号を登録します。
    小切手帳を利用するときに利用する直筆サインも登録します。

手続きが完了すれば、デビットカードは1週間程度で自宅に郵送されます。

ハワイ ワイキキにあるおすすめの銀行

ここからはハワイでおすすめの銀行を紹介します。

4つともハワイに住所を持っていない日本人でも口座開設が可能。

ただし、オンラインで口座を開設できるサービスは、現地在住のアメリカ国籍の方のみになります。そのため、実際に店舗を訪れて口座開設の手続きをするようにしましょう。

また、通常アメリカの銀行で口座開設する場合に必要なSSN(Social Security Number)というアメリカの社会保障番号がなくても口座開設可能

それでは、早速おすすめの4つの銀行を見ていきましょう。

Central Pacific Bank
(セントラル・パシフィック・バンク)

Central Pacific Bank
参照:Central Pacific Bank

セントラルパシフィックバンクは、オアフ島ホノルルを拠点とするハワイの銀行です。

1954年に日系人によって設立されたため、今も日系人や日本人と強いつながりを保っています。

日本語版ホームぺージもあり、日本在住の人の口座開設をサポートする体制が整っていますよ。

・日本語対応支店
ワイキキ支店(日本人スタッフが常駐)

・ハワイにおけるATM数
支店数:35支店、ATM78台 

・口座開設に必要な書類
パスポート、マイナンバー番号、初期入金費用(300~500ドル以上)

・SSN不要

・日本語スタッフが比較的多く、日本語コールセンターもある。
・窓口に日本語スタッフが常駐。
・ATMが、ABCストアなど多数設置。
・口座開設にSSN不要。

ワイキキ支店は、ワイキキショッピングプラザ内にあってとても便利です。

  • URLをコピーしました!
CONTENTS
閉じる